FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SDガンダム外伝 ~機甲神伝説~

今回は騎士ガンダムシリーズの紹介。機甲神伝説というシリーズ。主人公がシルエットフォーミュラーという作品のネオガンダムをもとにしている。明らかに一般向けキャラじゃない。あとはガンダムとは関係ない「ゴッドマーズ」要素がたくさんある。
今回から少し写真をアップにした+裏面も一枚一枚別にしたため見やすくなると思う。


機甲神エルガイヤー&アルテイヤー
C360_2012-10-28-01-14-45.jpg
月の王国の機兵。7体いる機甲神の内2体。この2体のみ操手が必要。2人の王子が脱出のため使ったが、兄は弟にエルガイヤーに乗せ、自分はアルテイヤーで敵を惹きつけた。この出来事はジークジオン編より前の出来事。

月光騎士ルナガンダム&神秘騎士ネオガンダム 裏面
C360_2012-10-28-01-38-19.jpg
月の王国の王子。右がネオガンダム(弟)、左がルナガンダム(兄)。弟が主人公。


紅の神秘機兵
C360_2012-10-28-01-36-06.jpg
こっから本編。
前回から3年後。GP01は騎士の鎧を身にまとった一人のガンダムを助ける。その時ネオ・ジオンの天空魔城が現れそのガンダムを狙う。GP01はグランレックス(ガンレックスを模した機兵)で立ち向かうが、巨大化したアトミックガンダム(GP02の成れの果て)には全く歯が立たたない。その時、謎の騎士のもとに紅の機兵がやってきた。
左が紅の機兵(エルガイヤー)、右がこの章のネオガンダム。イラスト的にはそれ以上の説明がない。
・主な味方
謎の騎士(紅の機兵)、バーサル騎士GP01(機兵グランレックス)、騎士ガンダムステイメン(伝説の馬車オーキス)
・主な敵
重魔騎士アトミックガンダム(大魔騎士アトミックガンダム)、エギーユ王、仮面騎士、死機兵エビルシャドウ

重魔騎士アトミックガンダム
C360_2012-10-28-01-38-36.jpg
元ダバート王国騎士GP02の成れの果て。ジークジオンの呪いの盾によりここまで姿を変え、挙げ句の果てに背後に見えるような姿に巨大化する。どこまでいじけてるんだよこいつ・・・。


六体の機甲神
C360_2012-10-28-01-36-57.jpg
ネオジオンに対抗するため「6」を探すために旅に出たネオガンダム一行。薔薇騎士の助けを受け、機甲神オルフェリスを復活させる。さらにアバロン山では火の機甲神マーキュリアス、アクアリウスを蘇らせる。
が、薔薇騎士(ルナガンダム)はネオジオンに囚われてしまう。アトミックガンダムはエギーユ王の攻撃を受け盾が割れ、真の敵が姿を現した。
イラストは・・・さっきと同じ構図。
・主な味方
ネオガンダム(機甲神エルガイヤー)、バーサル騎士GP01、召喚師ルー、僧侶ジムキャノンⅡ、魔法剣士メテオガンダム、薔薇騎士、機甲神オルフェリス、マーキュリアス、アクアリウス
・主な敵
大魔騎士アトミックガンダム、死機兵エビルシャドウ、マシュマー(機兵ゼルバイヤー)、エギーユ王、軍師クワトロ

機甲神エルガイヤーVS影機甲神カオスガイヤー
C360_2012-10-28-01-39-31.jpg
ぶっちゃけ次の章のお話のためここでは省略。


運命の三騎士
C360_2012-10-28-01-37-21.jpg
兄との対面で記憶が戻り始めたネオガンダム。月の王国の王子であることを思い出し、月の王国を滅ぼした兵器を利用するネオジオンを倒すため、機甲神を揃えることにする。
しかし、最後の機甲神を見つけた際、洗脳されたルナガンダムに奪われ、ダバート王国は戦力を大幅に落として危機に陥いる。その時騎士ガンダムガーベラスの導きにより、正気を取り戻したGP02を含めた運命の三騎士により、オーキスは機甲戦車ニューオーキスとなる。しかし、カオスガイヤーは5体の機甲神と合体しガンジェノサイダーとなって襲いかかってくる。エルガイヤーはスーパーオーキスの力を借り、これに勝利する。
イラストはこの章のネオガンダムと洗脳されたルナガンダム。最早ゴッドマーズのマーズとマーグの関係そのまま。
・主な味方
ネオガンダム(エルガイヤー)、バーサル騎士ガンダムGP01、重騎士ガンダムGP02、騎士ガンダムGP03(機甲戦車ニューオーキス)、騎士ガンダムガーベラス
・主な敵
ルナガンダム(影機甲神カオスガイヤー+機甲神オルフェリス+マーキュリアス+アクアリウス+ギガンティス+ジュピタリアス=闇機甲神ガンジェノサイダー)、エギーユ王、軍師クワトロ

闇機甲神ガンジェノサイダー
C360_2012-10-28-01-38-55.jpg
影機甲神カオスガイヤーを中心として5体の機甲神が合体した姿。わかる人にとってはわかると思うがやはり合体システムもゴットマーズみたいなもの。


光の超機甲神
C360_2012-10-28-01-37-36.jpg
ガンジェノサイダーに勝利するが、ネオジオンが本格的に攻撃してきた。ネオガンダムと運命の三騎士は援軍を連れてきたアムロと共に敵の要塞ゲルニカに潜入し、倒れたエギーユ王からジークジオンを発見する。ジークジオンの発生するジオンシードに苦しめられている一行。が、そこで十字架の剣を持った騎士シャア(軍師クワトロ)によって救われる。
機甲神の力を吸収したジークジオンは月を激突させようとするが、スペリオルドラゴンEXの力を借りて機甲神は蘇り、エルガイヤーを中心として合体する。超機甲神ガンジェネシスはジークジオンに立ち向かう。
超機甲神ガンジェネシスとジークジオンマブーゼは互角。が、シャアが戦闘に介入しガンジェネシスは勝利する。
イラストは完全に記憶を戻したネオガンダムと超機甲神ガンジェネシス。エルガイヤーが元になっているため、ガンジェノサイダーとは所々違いがある。武器は6体の機甲神の剣とエルガイヤーの盾が合体した両手剣。
・主な味方
月光騎士ネオンガンダム(エルガイヤー+オルフェリス+マーキュリアス+アクアリウス+ジュピタリアス+ギガンティス=ガンジェネシス)、バーサル騎士ゼフィランス(真聖機兵ガンレックスα)、精霊ルードラゴン、騎士団長アムロ、GP02,GP03、騎士シャア、スペリオルドラゴンEX
・主な敵
グレンモンスタージークジオン→ジークジオンマブーゼ

光に集いし機甲神
C360_2012-10-28-01-39-11.jpg
前方右からエルガイヤー、マーキュリアス、アクアリウス、オルフェリス、ジュピタリアス。後方右がギガンティス、左がガンジェネシス。
ガンジェネシスはこの状態ではまだ未完成となっている。本来は1枚目のアルテイヤーが背中に合体する。が、すでにブッ壊れている。ネオの6という記憶はエルガイヤー以外の機甲神を指していたとも考えがある。


月面の誓い
C360_2012-10-28-01-37-51.jpg
ゼフィランスとネオガンダムはシャッフルの騎士になった。これはまた先の話

機甲神エルガイヤー&機甲神アルテイヤー
C360_2012-10-28-01-39-50.jpg
完璧な状態の2体。


今回は以上。ここで騎士ガンダムシリーズは大きな区切りとなっている。
とりあえずここまでの紹介は総集編的なスペリオルクロニクルというカードを使っている。故に名前だけ出てきているキャラとかも多数。重要なキャラだがイラストがないというのも多いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぺち

Author:ぺち
漫画、ゲームが好きで主にそのあたりのネタを中心にやっていきます。
漫画は主に4コマ系の紹介が多くなりそう。
クレーンゲームが好きなため、プライズ品紹介もしていきたい

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
応援サイト
【ぜったい最胸☆おっぱい戦争!! ~巨乳王国vs貧乳王国~】2012年10月26日発売予定!! 【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中! 『大図書館の羊飼い』は2013年1月25日発売予定です。 『レミニセンス』応援中です!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。