FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SDガンダム外伝 ~聖機兵物語編~

今回は騎士ガンダムシリーズの3作品目聖機兵物語の紹介。この作品はアニメ化はしているが、大人の事情により相当設定が変わっている。色々と省かれたキャラが・・・。この作品から機兵と呼ばれる乗る機械が現れる。カードダスの力のインフレが酷くなってくる。

復活の聖機兵
C360_2012-10-17-00-16-44.jpg
円卓の騎士編から数年後。ブリティス王国(円卓の騎士の国)にダバート王国から救援要請が来た。それにより円卓の騎士より灼熱騎士F91が出向いた。ダバート王国の騎士ガンダムGP01達と共に追われている少女セシリーを助けに向かう。そこには聖機兵が眠っていた。F91は復活した聖機兵ガンレックスに乗り、ネオ・ジオン族を撃退する。
イラストは中央が聖機兵ガンレックス。後ろに写っているのが邪騎士バウ(左)、灼熱騎士F91(右)。F91はデザインが何故か変わっている。
・主な味方
灼熱騎士ガンダムF91(聖機兵ガンレックス)、騎士ガンダムGP01、騎士ガンダムGP02、銀騎士ビギナ・ギナ
・主な敵
邪騎士バウ(邪機兵ダークタイラント)、公子ドレル(機兵ド・ズーガ)

聖機兵VS傭兵軍団
C360_2012-10-17-00-17-04.jpg
聖機兵で邪機兵を撃退したが、F91は負傷してしまう。騎士ガンダムGP01が聖機兵の操手となり、ネオ・ジオン族に反攻作戦に出る。
イラストは3つの銀板によって進化したガンレックスとカロッゾによって蘇ったジークジオン編に出て来た幽騎士ゼノン・マンサの乗る魔機兵ザマレド・マンサー。ガンレックスの持つ盾により魔力を消し、ガンレックスが勝利する。
・主な味方
騎士ガンダムGP01(聖機兵ガンレックス)、吟遊騎士レッドウォーリアR(黄金機兵アルジャーノン)、傭兵騎士マルスガンダム
幽騎士ゼノン・マンサ(魔機兵ザマレド・マンサー)、シノビマスターダークキュベレイ(忍邪機兵ラグルベ・レイ)、軍師クワトロ


もう一つの聖機兵
C360_2012-10-17-00-17-36.jpg
先の戦いで魔騎兵を倒したが、戦いそのものは敗北した。王国は焼かれ、レッドウォーリアRの故郷アルマータ地方へ向かった。途中ラクロア王国のアムロたちと出会い共に戦う。そんな中アムロとGP01はスペリオルドラゴンの導きによりもう一つの聖機兵を捜索する。ネオ・ジオン族ももう一つの聖機兵を捜索していた。目覚めた聖機兵ルーンレックスはネオ・ジオン族を倒し、ガンレックスにも襲いかかる。ガンレックスは勝利するが、GP01と共に消える。
イラストは更に進化したガンレックス。後ろにうっすら見えるのは再び現れた邪騎士バウの乗る邪機兵ネオダークタイラント。だがもう一つの聖機兵ルーンレックスに破壊される。何故かルーンレックスが載っていない・・・。
・主な味方
バーサル騎士ガンダムGP01、幻影騎士ガンダムRXF91、騎士ガンダムGP03、吟遊騎士レッドウォーリアR(機兵アルジャーノンEG)、騎士団長アムロ、F90Jr、操獣士インディガンダム
・主な敵
邪騎士バウ(邪機兵ネオダークタイラント)、傭兵騎士マルスガンダム、聖機兵ルーンレックス、総帥ジークカロッゾ

真聖機兵誕生
C360_2012-10-17-00-17-56.jpg
ガンレックス消失し、ネオ・ジオン族に敗退し続けるダバート王国。最後に敵本拠地パンゲア界へ攻撃をしかける。だが、そこには悪の意思に染まった騎士ガンダムGP02もといアトミックガンダムが合成機兵に乗って現れた。スペリオルドラゴンとGP01が融合したバーサルロードスペリオルガンダムと真聖機兵ガンレックスによって倒すが、総帥ジークカロッゾは鉄仮面バグカロッゾとなり、ルーンレックスの残骸を取り込んだ。邪神機兵ルーンカロッゾとなりガンレックスを圧倒する(2倍-1の強さ)。最後はセシリーの祈りにより、スペリオルドラゴンを通しガンレックスの力を倍にして撃退する。
イラストは真聖機兵ガンレックスと邪神機兵ルーンカロッゾ。なんか一番話の目玉となるシーンがやっとイラストになったなと思った。
・主な味方
バーサルロードスペリオルガンダム(真聖機兵ガンレックス)、騎士ガンダムステイメン(伝説の馬車オーキス)、吟遊騎士レッドウォーリアR(黄金機兵スーパーアルジャーノン)、レズリー(白銀機兵ベガスジャーノン)、騎士団長アムロ、インディガンダム、円卓の騎士達、傭兵騎士マルスガンダム
・主な敵
重騎士アトミックガンダム(合成機兵ザマレド・キメラ)、総帥ジークカロッゾ→鉄仮面バグカロッゾ(邪神機兵ルーンカロッゾ)

操手・灼熱卿F91
C360_2012-10-17-00-18-49.jpg
いわゆるifストーリー。F91が負傷せずに乗り続けていたら最終的にこうなっていたらしい。ガンレックスも赤いラインが入っていたり、炎の技を使ったりする。


真駆参大将軍
C360_2012-10-17-00-18-12.jpg
最早聖機兵物語は一切関係ない。真悪参の子孫真駆参が大将軍になった姿。スペリオルドラゴンと融合した先祖がいるだけあって大将軍になるとどことなくスペリオルドラゴンっぽい。


こっから裏面
C360_2012-10-18-00-29-04.jpg
左が一枚目の裏。左が騎士ガンダムGP01、右が騎士ガンダムGP02。どちらも復活の聖機兵のときの姿。真ん中が目覚めていないガンレックス。こいつに鳴動の盾、剣、鎧を額の部分に納めると蘇る。
右が二枚目。ダバート王国の神秘の鎧を装備したGP01。後ろに見えるのが変な盾を拾って狂い始めたGP02。アニメだと聖機兵の操手になれず、後輩のGP01の活躍しに嫉妬した際目の前に盾が現れた。

C360_2012-10-18-00-29-34.jpg
左が三枚目。左からインディガンダム、レッドウォーリアR,マルスガンダム、GP03、バーサル騎士GP01、GP02。上に見えるのがスペリオルドラゴン。
右が四枚目。真ん中にいるのがバーサルロードスペリオルガンダム。


C360_2012-10-17-00-20-30.jpg
左が五枚目。こいつらも本編に出て来ない敵。右の赤い機兵は円卓の騎士編のラスボスギガサラマンダーがデザインになっている。
右が六枚目。大将軍じゃない真駆参。


聖機兵編は以上。最初に書いたがこの作品はアニメ化もしている。だが円卓の騎士たちはデザインが派手で当時の技術ではアニメで動かすことが出来なかったとか。それ故にF91も出てこないという暴挙に出た。もちろん最終章の援軍である円卓の騎士も全員出てこない。最初からガンレックスのパイロットはGP01が勤めていた。
そしてそれによって大きな影響を受けたのがマルスガンダム。こいつは円卓の騎士である重鎧騎士ガンダムF90の息子もといF90Jrの兄でもある。が、そんな設定はアニメだとない。挙句こいつは章が進むごとに姿が変わっており、最後は白を中心としたガンダムらしいガンダムになるはずなのだが、アニメでは最初から最後まで裏面三枚目の姿のまま。金だけのために戦った傭兵が改心するという設定も消え、国に仕える騎士であるGP02が気に入らずGP02と一緒に崖に落ちるという変な最後を迎えた。流れとしてはダバート王国→ネオ・ジオン族→ダバート王国といったように金で所属を変えていたが、アニメでは最初から最後までネオ・ジオン族に味方をしていた。
次回は機甲神伝説編。この話でアトミックガンダムは死んでいなかった・・・。そして消えた軍師クワトロは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぺち

Author:ぺち
漫画、ゲームが好きで主にそのあたりのネタを中心にやっていきます。
漫画は主に4コマ系の紹介が多くなりそう。
クレーンゲームが好きなため、プライズ品紹介もしていきたい

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
応援サイト
【ぜったい最胸☆おっぱい戦争!! ~巨乳王国vs貧乳王国~】2012年10月26日発売予定!! 【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中! 『大図書館の羊飼い』は2013年1月25日発売予定です。 『レミニセンス』応援中です!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。