FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUN×GIRL

C360_2012-08-02-21-55-42.jpg
C360_2012-08-02-21-57-21.jpg
 今回はまんがぱれっとで連載中の「SUN×GIRL」。やや久々の4コマ漫画。

あらすじ
 舞台は日本の南端にある姫小島。そこの住民の日常を描いた作品。それ故か海が出てくることが多い。かと思えばその割には水着シーンが多いわけではない。というかまた田舎系か!

登場人物
・りゅうくん 裏の右から二番目
 姫小島の学校に通う唯一の男子生徒。料理ができたり大工仕事が出来たり三味線が弾けたりと何げに色々出来るっぽい。家は島の大工。主人公によくありがちな朴念仁。

・うな 表紙
 姫小島の学校に通う女子生徒。吹き出しを使った台詞が1度もない。が、表情とかは豊かで言いたいことはみんなに伝わる。家は商店。どんな動物も懐いてしまう。
 りゅうのことは好きで周りにはバレバレ。というか周りも扇動している。が、当の本人には全く気が付かれていない。どっかの眼鏡と猫娘と似た関係だと思ってはいけない。りゅうと付き合うことは両家の両親など大体の人が認めている。が、そういう関係ではない現状。

・なみ 裏一番左
 姫小島の学校に通う女子生徒。うなとりゅうの関係をよくからかったり扇動したりする。本人曰くりゅうの愛人になろうと目論んでいるらしい。が、普通に好意を持っているっぽい。こちらはうなに比べたら少しは隠れている(親にばバレているっぽい)。腹黒でツインテールが恐ろしく似合わない。

・うず 裏一番右
 島の外から引っ越してきた。叔母の家で暮らしている。連載開始時の段階で引っ越してから半年くらいしか経っていない。本人曰くうなの親友。それ故にうなに好意を持たれているりゅうを敵視することが多い。一応言っておくがツンデレじゃない。ツンしかないから。

・よう
 うなの母型の祖母。姫小島商店の店主。言いたいことをはっきり言うばあさん。りゅうを婿養子に入れるのを目論んでいる。

・みなも
 りゅうの母親。姫小島建設の棟梁。息子をこき使う。うなを嫁に入れるのを目論んでいる。

・あさ
 りゅうたちの担任。りゅうとなみの母親の後輩でもある。酒癖が悪い。

・つなみ
 なみの母親。性格は全然似ていない。島の医者をしている。娘より胸が小さいのを気にしてるっぽい。

。のりさん
 みなもの部下のりしおコンビの一人。ベテラン大工。

・しお
 みなもの部下のりしおコンビの一人。見習い大工。のりさんが大好き。

・うみ
 うなの母親。島に戻ってきた際男ども総出で出迎えを受けるほどの人気者。基本うなと同じような人。やはり吹き出しを使った台詞がない。昔は学校の教師をやっており、あさはその後任。
 
 紹介は以上!まぁ作品としてはやっぱりまったりとした作品。無理のない田舎を舞台にしていて変な設定もなくいいと思う。ただりゅうとうなの関係が少しじれったいかなと思う時がある。そこが面白いところでもあるが。だが、くっついたら終わりな気もする。一番好きなキャラはなみ。こいつが周りを引っ掻き回して面白さが増している思う。どっかの作品の前髪で目が隠れている白衣少女とポジションが似ていると思ってはいけない。
 ちなみにこの作者はぱれっとで不定期読み切り連載っぽいのをやっていた。個人的にはそっちの作品のほうが面白かった記憶がある。タイトルとかは忘れたが・・・。出来ればその作品を入れた短編集みたいなのが出て欲しい。


おまけ
 前の日記で今日ライダーワーコレを取りに行くと書いたが出るのは明日だった。チクショーメー!!!!
 腹いせに仮面ライダーフォーゼマグネットステイツとがんがんじいを500円で取ってやったわ!明日も同じように行くといいな!!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぺち

Author:ぺち
漫画、ゲームが好きで主にそのあたりのネタを中心にやっていきます。
漫画は主に4コマ系の紹介が多くなりそう。
クレーンゲームが好きなため、プライズ品紹介もしていきたい

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
応援サイト
【ぜったい最胸☆おっぱい戦争!! ~巨乳王国vs貧乳王国~】2012年10月26日発売予定!! 【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中! 『大図書館の羊飼い』は2013年1月25日発売予定です。 『レミニセンス』応援中です!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。