スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去に当選した品 その1

今回は過去に懸賞などで当たった景品紹介。

C360_2012-10-31-21-25-47.jpg
まずは数年前にジャンプで当選したジャンプしようのデジモンvol.3。と言ってもジャンプという文字がプリントされている+パッケージが違うだけ。本当はもう一つオレンジ色があったが、友達にあげてしまった。

C360_2012-10-31-21-25-29.jpg
C360_2012-10-31-20-37-49.jpg
今は亡きガンガンウィングにて連載されていた天正やおよろずという漫画の下敷きとテレカセット。これは希望景品が外れたあとのWチャンス品。下敷きは大きいため使い道が見いだせない。テレカは・・・今時使わないかw

C360_2012-10-31-20-34-46.jpg
次はPCゲーム「あっぱれ!天下御免」を購入した際に秋葉で抽選をやっていたため挑戦したらサイン会参加券を手に入れたためついでだから貰った。サインは原画家の片桐雛太とイメージソングの歌手榊原ゆいの二名。隠してある部分は個人名が記載されている。

C360_2012-10-31-20-36-01.jpg
同じくPCゲーム第二音楽室へようこそっ!!より予約者へのサイン色紙。予約証明を送って応募した先着順にもらえるもの。とりあえず予約開始翌日のポストインし、その翌日には届くようにしたら当選していた。原画家武シノブのサイン。こっちは名前が裏面のため隠す部分が無し!

今回は以上!少々物が多いため次回にも続く。ある意味これらは前座かな?次の方がメジャーかも。
スポンサーサイト

けいおんちびきゅん&SQマミさん

今回はちょちょいと取ってきたプライズ品紹介。

C360_2012-10-28-23-21-59.jpg
C360_2012-10-28-23-22-27.jpg
けいおんちびきゅん劇場版仕様。今回は一気に5人出してきた。最近のけいおんちびきゅんは最初の頃よりキャラの表情が活き活きしていると思う。今回のは唯が一番いいかな。表情が一番活き活きとしているように思えた。

C360_2012-10-28-23-22-44.jpg
そしてムギはんは帽子の着脱が可能。バンプレは帽子着脱可能にするのが好きなようだ。


C360_2012-10-28-23-23-50.jpg
次はSQシリーズよりマミさん。SQけいおんシリーズが終わって今度は魔法少女まどか☆マギカシリーズを始めるようだ。本当は取るつもりがなかったが、地味に簡単な設定だったため取っておいた。以前出た魔法少女マミさん、制服マミさんより出来がいいと思う。何か顔が少し丸く感じるが元々が少しそういう系だった気もする。

C360_2012-10-28-23-25-05.jpg
そして見えにくい帽子、髪飾り、ライフルが見えるように横からのショット。ライフルがよくできてると思う。他も無難に仕上がっている。


今回は以上。やや短めです。本当は買ってきた漫画とかの紹介もいいかなと思ったが、インパクトのあるネタが無かったため今回は没にした。正直無難すぎる・・・。
他にもプライズ品を取ってはいるが、大きいにゃんこ先生を二種類中1個、ワンピースワーコレ8種中ブルックとペローナのみというものすごい半端っぷり。
無難な漫画と半端なプライズ品ということでいい組み合わせかもな!

SDガンダム外伝 ~機甲神伝説~

今回は騎士ガンダムシリーズの紹介。機甲神伝説というシリーズ。主人公がシルエットフォーミュラーという作品のネオガンダムをもとにしている。明らかに一般向けキャラじゃない。あとはガンダムとは関係ない「ゴッドマーズ」要素がたくさんある。
今回から少し写真をアップにした+裏面も一枚一枚別にしたため見やすくなると思う。


機甲神エルガイヤー&アルテイヤー
C360_2012-10-28-01-14-45.jpg
月の王国の機兵。7体いる機甲神の内2体。この2体のみ操手が必要。2人の王子が脱出のため使ったが、兄は弟にエルガイヤーに乗せ、自分はアルテイヤーで敵を惹きつけた。この出来事はジークジオン編より前の出来事。

月光騎士ルナガンダム&神秘騎士ネオガンダム 裏面
C360_2012-10-28-01-38-19.jpg
月の王国の王子。右がネオガンダム(弟)、左がルナガンダム(兄)。弟が主人公。


紅の神秘機兵
C360_2012-10-28-01-36-06.jpg
こっから本編。
前回から3年後。GP01は騎士の鎧を身にまとった一人のガンダムを助ける。その時ネオ・ジオンの天空魔城が現れそのガンダムを狙う。GP01はグランレックス(ガンレックスを模した機兵)で立ち向かうが、巨大化したアトミックガンダム(GP02の成れの果て)には全く歯が立たたない。その時、謎の騎士のもとに紅の機兵がやってきた。
左が紅の機兵(エルガイヤー)、右がこの章のネオガンダム。イラスト的にはそれ以上の説明がない。
・主な味方
謎の騎士(紅の機兵)、バーサル騎士GP01(機兵グランレックス)、騎士ガンダムステイメン(伝説の馬車オーキス)
・主な敵
重魔騎士アトミックガンダム(大魔騎士アトミックガンダム)、エギーユ王、仮面騎士、死機兵エビルシャドウ

重魔騎士アトミックガンダム
C360_2012-10-28-01-38-36.jpg
元ダバート王国騎士GP02の成れの果て。ジークジオンの呪いの盾によりここまで姿を変え、挙げ句の果てに背後に見えるような姿に巨大化する。どこまでいじけてるんだよこいつ・・・。


六体の機甲神
C360_2012-10-28-01-36-57.jpg
ネオジオンに対抗するため「6」を探すために旅に出たネオガンダム一行。薔薇騎士の助けを受け、機甲神オルフェリスを復活させる。さらにアバロン山では火の機甲神マーキュリアス、アクアリウスを蘇らせる。
が、薔薇騎士(ルナガンダム)はネオジオンに囚われてしまう。アトミックガンダムはエギーユ王の攻撃を受け盾が割れ、真の敵が姿を現した。
イラストは・・・さっきと同じ構図。
・主な味方
ネオガンダム(機甲神エルガイヤー)、バーサル騎士GP01、召喚師ルー、僧侶ジムキャノンⅡ、魔法剣士メテオガンダム、薔薇騎士、機甲神オルフェリス、マーキュリアス、アクアリウス
・主な敵
大魔騎士アトミックガンダム、死機兵エビルシャドウ、マシュマー(機兵ゼルバイヤー)、エギーユ王、軍師クワトロ

機甲神エルガイヤーVS影機甲神カオスガイヤー
C360_2012-10-28-01-39-31.jpg
ぶっちゃけ次の章のお話のためここでは省略。


運命の三騎士
C360_2012-10-28-01-37-21.jpg
兄との対面で記憶が戻り始めたネオガンダム。月の王国の王子であることを思い出し、月の王国を滅ぼした兵器を利用するネオジオンを倒すため、機甲神を揃えることにする。
しかし、最後の機甲神を見つけた際、洗脳されたルナガンダムに奪われ、ダバート王国は戦力を大幅に落として危機に陥いる。その時騎士ガンダムガーベラスの導きにより、正気を取り戻したGP02を含めた運命の三騎士により、オーキスは機甲戦車ニューオーキスとなる。しかし、カオスガイヤーは5体の機甲神と合体しガンジェノサイダーとなって襲いかかってくる。エルガイヤーはスーパーオーキスの力を借り、これに勝利する。
イラストはこの章のネオガンダムと洗脳されたルナガンダム。最早ゴッドマーズのマーズとマーグの関係そのまま。
・主な味方
ネオガンダム(エルガイヤー)、バーサル騎士ガンダムGP01、重騎士ガンダムGP02、騎士ガンダムGP03(機甲戦車ニューオーキス)、騎士ガンダムガーベラス
・主な敵
ルナガンダム(影機甲神カオスガイヤー+機甲神オルフェリス+マーキュリアス+アクアリウス+ギガンティス+ジュピタリアス=闇機甲神ガンジェノサイダー)、エギーユ王、軍師クワトロ

闇機甲神ガンジェノサイダー
C360_2012-10-28-01-38-55.jpg
影機甲神カオスガイヤーを中心として5体の機甲神が合体した姿。わかる人にとってはわかると思うがやはり合体システムもゴットマーズみたいなもの。


光の超機甲神
C360_2012-10-28-01-37-36.jpg
ガンジェノサイダーに勝利するが、ネオジオンが本格的に攻撃してきた。ネオガンダムと運命の三騎士は援軍を連れてきたアムロと共に敵の要塞ゲルニカに潜入し、倒れたエギーユ王からジークジオンを発見する。ジークジオンの発生するジオンシードに苦しめられている一行。が、そこで十字架の剣を持った騎士シャア(軍師クワトロ)によって救われる。
機甲神の力を吸収したジークジオンは月を激突させようとするが、スペリオルドラゴンEXの力を借りて機甲神は蘇り、エルガイヤーを中心として合体する。超機甲神ガンジェネシスはジークジオンに立ち向かう。
超機甲神ガンジェネシスとジークジオンマブーゼは互角。が、シャアが戦闘に介入しガンジェネシスは勝利する。
イラストは完全に記憶を戻したネオガンダムと超機甲神ガンジェネシス。エルガイヤーが元になっているため、ガンジェノサイダーとは所々違いがある。武器は6体の機甲神の剣とエルガイヤーの盾が合体した両手剣。
・主な味方
月光騎士ネオンガンダム(エルガイヤー+オルフェリス+マーキュリアス+アクアリウス+ジュピタリアス+ギガンティス=ガンジェネシス)、バーサル騎士ゼフィランス(真聖機兵ガンレックスα)、精霊ルードラゴン、騎士団長アムロ、GP02,GP03、騎士シャア、スペリオルドラゴンEX
・主な敵
グレンモンスタージークジオン→ジークジオンマブーゼ

光に集いし機甲神
C360_2012-10-28-01-39-11.jpg
前方右からエルガイヤー、マーキュリアス、アクアリウス、オルフェリス、ジュピタリアス。後方右がギガンティス、左がガンジェネシス。
ガンジェネシスはこの状態ではまだ未完成となっている。本来は1枚目のアルテイヤーが背中に合体する。が、すでにブッ壊れている。ネオの6という記憶はエルガイヤー以外の機甲神を指していたとも考えがある。


月面の誓い
C360_2012-10-28-01-37-51.jpg
ゼフィランスとネオガンダムはシャッフルの騎士になった。これはまた先の話

機甲神エルガイヤー&機甲神アルテイヤー
C360_2012-10-28-01-39-50.jpg
完璧な状態の2体。


今回は以上。ここで騎士ガンダムシリーズは大きな区切りとなっている。
とりあえずここまでの紹介は総集編的なスペリオルクロニクルというカードを使っている。故に名前だけ出てきているキャラとかも多数。重要なキャラだがイラストがないというのも多いです。

最近取ったプライズ品

最近プライズ品を取っているのだが他のをネタにしていた。ぬいぐるみは別腹です。

C360_2012-10-24-23-39-48.jpg
仮面ライダーヘッドバンクシリーズ第三弾より「仮面ライダーオーズ タトバコンボ」。
タ・ト・バ!タトバ!タ・ト・バ!緑色の目、赤いラインと何気にお気に入りの仮面ライダー。特に変な部分もなくよく出来ているプライズ品だと思う。もちろん貯金箱として使う気は0。オブジェです。

C360_2012-10-24-23-40-24.jpg
そして暴走?状態のパープルアイタトバコンボ。前回は顔半分の色違い、今回は目の色違い。二種類出すにしてももうちょいとがんばってほしい。例えばタジャドルバージョンのを出すとか。この状態のオーズが嫌いなわけじゃないのだがね・・・。


C360_2012-10-24-23-45-58.jpg
C360_2012-10-24-23-46-59.jpg

タイバニワーコレvol.4。地味に続くなぁ~。今回は
・バーナビー(フェイスオープン)
・H-01
・スカイハイ
・ワイルドタイガー(アイパッチver)
・ネイモン・シーモア
・ジェイク・マルチネス
・クリーム
・シス
とりあえず虎徹とバーナビーはバージョン違いで毎回出てくるな。出来自体はいいのだが、やはり後半2つがなんというか・・・面白みがない。やっぱスーツ着用やヒーロー系がいいな。

C360_2012-10-24-23-49-47.jpg
そして帽子キャラは着脱可能。


C360_2012-10-24-23-41-27.jpg
そして早速取ってきました。グラメンシリーズよりブルック。麦わら一味のグラメンシリーズはこいつでラストだ。が、実際持っているのはフランキー、チョッパー、ルフィ、ブルックだけという半端っぷりがぱない。出来れば揃えたいのだが・・・。
ブルックの出来は思ったとおり良かった。重くはないのだが、フランキーより高さが高めに作られている。

C360_2012-10-24-23-42-57.jpg
そして新世界編のチョッパー。左が今回のブルックと同時に出たバージョン。右は以前に出たバージョン。服が変わり手に持っている棒が消えただけという手抜き具合。
が、やはりチョッパーもかわいく出来ている。いい物なのだが使い回しというのに・・・ね。


最近取ったやつは以上!今度の土日にまだ欲しいが取っていないのがあるため取りに行く。
来月はタイバニワーコレはお休み。ガンダムワーコレのみとなっている。ワンピースはもう欲しいキャラしか取らないと決めた。今月は3つほど取ろうと思っている。今後ワーコレは
ワンピース:欲しい奴だけ
タイバニ:全部
仮面ライダー、ガンダム:全種2個ずつ
というペースでいこうと思う。実際この前出たガンダムも全部2個目取りました。

まんが4コマぱれっと12月号 感想

C360_2012-10-24-00-04-42.jpg
今回はまんが4コマぱれっと12月号の感想を書こうと思う。あまり内容には触れずに感想を書くよう心がけています。

・隣人を妹せよ:森乃 葉りふ
今月号で巻頭カラーになった。少し後ろ気味だった気がしたので不安だったが一気に巻頭とは・・・。
雨で濡れたみなみがまとりにシャワーを借りた。が、巽がやってきた。最早みなみがほとんど全裸で居る回だった。今回のメインだけに出番も多い上カラーって・・・。カラーが肌色全開状態だった。前々からわかってはいたが、こいつはお色気担当になってきたな。
この作品は毎回まとりの天然具合が面白いと思っている。今回はその要素が弱かったのが少し残念。

・スターマイン:ストロマ
作品の詳細はこちらを参考にしてもらえるとわかりやすいかも。
今回は志染さん回だった。この人ヒロインたちの監視役のはずなのに目立つなぁ~。人気ありそうだし。個人的にもいいキャラだと思っている。そのせいかヒロインであるはずの星野姉妹はほとんど出番無し。
そして今回もぱれっと内で一番面白い作品だった。毎回この作品が一番楽しみにしているだけにね。志染さんだけでなく行成もかわいく見えてしまった。スマイル状態の顔が。だがそんな中敢えて言おう
潮が可愛かった!!!!特にゲームを持って帰る時がよかった。

・うしのこくまいる:湖西 晶
今回は下地の過去が明かされた話。・・・酷すぎるな。相変わらず下ネタが動き出していた。俺もあんな秘密知ったらその人を見たら笑ってしまうかもしれない。

・未確認で進行形:荒井チェリー
今月号の巻中カラーその1。色々なところで漫画を書いているチェリー先生だが、個人的にはこの作品が一番好き。相変わらず紅緒が暴走している。まぁぶっちゃけその部分で一番面白い。こいつのせいで相変わらずメインと思われる男女が喰われている気がする。

・みなと∞みらい:むらたたいち
作品の詳細はこちらで。
今回は表紙を飾っていながら本編にはカラーなし。久々の未来日記(未来の湊の日記)。わかりきっていたが文字化けしているため微塵も役に立たない。変な誤解が生まれすぎて面白かった。そして正くんは最後まで変態だったとさ。

・だんちがい:米田和佐
今月号の巻中カラーその2。来月に単行本も出るからこの位置についた。
今回はいつも料理する夢月(長女)が不在。そのため弥生(次女)が食事を作ると言い出す。
相変わらずまったりとした作品だった。この作品はぱれっと内でも上位に入るお気に入り。弥生のダメっぷりがどんどん出て来た回だ。思ったよりまともな終わり方だった。

・ハルノカミカゼ:ichinomi
学校にいる猫を巡って風紀員とごたごた。
今までこの作品はあまり面白いと思っていなかったが、今回は風紀委員長のキャラが面白かった。なんかずば抜けて変な人に見える。

・みりたり:まもウィリアムズ
宗平が刺客に襲われる話。
正々堂々と言いつつ明らかに卑怯な刺客がよかった。真面目な人だと思っていたが・・・。

・Sun×girl:30M先
詳細はこちらで紹介しました。
今回はみんなで秘密基地にお泊りの話。
初っ端から出オチ感が強く感じた。が、そこがよかった。今回は特に動きもなくただ話しているだけだったが、会話自体が面白くいい掛け合いだった。

・どた×どたムスメリウム:とく村長
読み切り3回目。
今回は親父さんが珍しく娘(予定)を連れてこなかった。が、自らその地位につこうとする音成ゐづみ(和乃のクラスメート)が出て来た。相変わらずむちゃくちゃな展開だがそこが面白い。この名前で予想していたがやっぱり・・・。

今回は以上。今回は「やさしい教師の躾けかた。」「マジでカガク」が休載だった。よく休載している気がするなこの2つ。が、特別好きな作品ってわけでもないので特に問題なし。

あれ?

まんが4コマぱれっと11月号にて9月号の読者プレゼントが当選したと記入があった。が、12月号が発売した今日になっても未だに届かない。遅すぎる・・・。本当は10月号も当選したから一緒に送るのかな?と思い待っていた。とりあえず一ヶ月は待つ予定だったので待ったが駄目だったので一迅社にメールで連絡した。結果は後日また発表します。

最近取ったディズニーぬいぐるみ&昔取ったディズニーぬいぐるみ+α

今回はほぼディズニー回。1つだけ別なのも取ったためそれも紹介。

C360_2012-10-21-23-58-54.jpg
最初は世界一有名なねずみことミッキーさんの大きなぬいぐるみ。隣に大きさ比較として前回取り上げたまんがタイムきららMAXを置いてみた。
見ての通り相当大きく苦労した(持ち帰るのに)。そしてよく出来たデフォルメ化したミッキーさんだ。


C360_2012-10-21-23-59-27.jpg
次はドナルド(ピエロじゃない方)。もちろん大きさは先のミッキー様と同じ大きさ。可愛く出来ていると思うがどことなく顔が歪んでいるように見えなくもない。


C360_2012-10-21-23-59-08.jpg
次はスティッチ。こいつが一番いいと思う。元のキャラが手足短いため一番よくできているように思えてしまう。というよりスティッチ自体が好きなキャラ。動かず喋らなければな!

C360_2012-10-21-23-56-11.jpg
後頭部と背中に模様がある。この部分だけ触り心地が少しザラザラしている。


C360_2012-10-21-23-59-48.jpg
こいつは昔取ったドナルド(アヒルの方)。のこのこふれんずというシリーズ。触り心地がタオルみたいですごくいい。が、頭の毛がモサモサしていてややくすぐったい。手足がすごくくたくたしている。


C360_2012-10-22-00-00-05.jpg
同シリーズのプーさん(熊の)。同じくすごく触り心地がいい。毛がないから余計にきもちいい。手はドナルドと同じくらいくたくたしているが、足は付け根がしっかりとしている。


C360_2012-10-22-00-00-23.jpg
最後にポケモンよりイーブイぬいぐるみ。I LOVE EIEVUIというシリーズ。こいつは先週の火曜日に取った。可愛くリアルに出来ていると思う。サイズも大きいため、小さいポケモンというふうに考えると1/1かな?と思えた。サイズ比較にまんがタイムきららMAXを置き忘れた。まぁのこのこフレンズと同じくらいの大きさ。

C360_2012-10-22-00-00-35.jpg
横から見た図。尻尾もしっかりと作りこまれています。

こいつは人気が高すぎるのか、秋葉では絶滅危惧種(10月20日時)だった。俺が取った店では絶滅していた(10月20日時)。先月に小さなチェーンマスコットぬいぐるみのイーブイ4タイプも出ていたが、これもすごく早く消えていた。そっちは興味なかったため1つも取っていない。今後このサイズで進化したバージョンでどんどん出して欲しい。


今回はここまで。よく大きいのとか取るのが難しいのでは?と言われるがこいつらは平均500円ほどで取れている。イーブイは店が投入直後で900円くらいと思ったより安めに取れた。秋葉のとある店では3000円くらい使っているのが多かった。まぁ1P100円の店と1P200円/3P500円という店では仕方のないことだが・・・。
というかぬいぐるみは控えると決めていたのについ取れやすいという理由だけでここまで集めてしまった。ミッキーの相方にミニーも取りたいと思っている自分が憎い

まんがタイムきららMAX12月号 感想

C360_2012-10-21-01-21-46.jpg
最近漫画ネタがなく、騎士ガンダム紹介とプライズ品紹介ばかりになっていた。特に取り上げる漫画が無かったためたまには雑誌の感想でも書いてみようと思う。ぶっちゃけ他人の真似だがな!!!!とりあえず好きな作品だけ書いていこうと思う。

・ご注文はうさぎですか?
今回は巻頭カラー&表紙を飾っている。毎回思うのだがこの作品はキャラが可愛く描けているだけでなく、背景とかの描写もすごく綺麗だと思う。降っている雨や建物、雲のあいだの光などカラーだと特にそれを感じられる。
内容も個人的にはすごく気に入っている作品。今回は映画に行く話ということで特に誰かにスポットを当てた回ではなくどのキャラもうまく表現出来ていた。いつもの5人+ティッピー以外もしっかりとキャラを表現出来ていて面白かった。一時MAXは読む作品が少なくなって買うのをやめていたが、ご注文はうさぎですか?の単行本を買って購入を再開した。

・きんいろモザイク
授業で裁縫をする回。しのは裁縫が得意ということで優秀だった。なんかいつもと立場がだいぶ変わってるな。だが1つ言えるのは「はっぴなだけにハッピー」はあかんだろ・・・。俺が生徒だったら引くぞ。いや、いつも真面目な教師が言いだしたら恐怖すら覚えるかも。
この作品は購入再開した際に読んだらすごく面白く単行本も買い始めた。ご注文はうさぎですか?とは違ったパターンだがMAXではこの2つがダントツで好きな作品。

・彼氏ってどこに行ったら買えますの!?
読書週間ということで読書をする面々。選んだ本を見るとそれぞれのキャラにあった「らしさ」を感じる本をチョイスしている。いつもどおり亜梨香の暴走発言がいい味を出している。
この作品は読み切り時代のは読んでいない。そのため早く単行本が出て欲しい。MAX内でも好きな作品なので。というか亜梨香って普通に彼氏出来そうなのに・・・。まぁ読み切り時代のを読んでいなためわかりきっていない設定もある。

・ひろなex.
突然キャンプへ行きたくなる広菜。唐突なのはいつものことか。みんなでカレーを作って食うという話だったが、結局作る段階だけで終わってしまった。味はどうなったのだろうか。あとはヤスの扱いが悪い。たまにはイイ思いさせてあげてくれ;;
初期頃から続いている作品。その頃から気に入っている作品だったが、休載などが目立ち好きな作品がなくなってきたためMAX離れしていた時期が・・・。

・Free!
巻中カラー&単行本が今月発売。今まであまり記憶に残っていない作品だったが何故か今回は面白く感じられた。単行本が出たら買ってみようかなと思う。

・Pretty Prison
ゲスト作品内で一番面白いと思った作品。看守と囚人という設定がなかなか無いため新鮮に感じている。キャラも3人と少ないがしっかりとしていていい味を出している。以前の読み切り時も面白かったため連載してみてほしいと思っている。

・放課後せんせーしょん
MAX内で好きな作品だが次回で終わってしまう・・・。今回は葵が元気ないせいか少しイマイチに思ってしまった。最後はいい感じになることを祈る。

・空色Aフルート
ゲスト作品内で二番目に面白いと思った作品。最初はやや暴走気味で中頃になって落ち着いて最後にまた暴走した感じに思えた。あとあのオリキャラはまずいってばよ!

・コマンド:アンチシリアス
ゲスト作品で三番目に面白いと思った作品。ちかは頑張っているようだが不真面目な人間になれる気が微塵も感じられない。だがそれがいい・・・。

・ソラミちゃんの唄
読み切り時代から好きだった作品。巻末が定位置になったな。今回は外に出る話だが、そのせいでソラミのテンションがいつもより低め。逆にさっこがテンションが少し高くなったような気がする。やっぱこの作品はソラミが変な行動をするほうが面白みを感じる。

今回はここまで。雑誌感想書いてみたが思ったより疲れた。後半明らかに文章が短くなってる。だが気にしない!


おまけ
先月号で応募した読者プレゼントが当選していた。何を応募したかはある程度予想がつきやすいと思う。届いたらネタにしたいと思う。今月号プレゼントもすごく欲しいのだが流石に無理だろうな・・・。と思いつつ過去別雑誌で2連続で当たった経験もあるため期待はしている。
別雑誌で先月号で当選したと書いてあった商品が未だに届いていない・・・。それもあわせてと考えています。

毎年のことだが・・・

今年も俺以外の家族が風邪をひいた。毎年俺だけ風邪をひかない・・・。
原因は弟が風邪をひき、親に感染るという流れ。俺だけ弟と接する機会が親より少ないため助かっているからだろう。・・・決して馬○だからじゃないからな!!!とまぁたまには普通の日記にしてみた

SDガンダム外伝 ~聖機兵物語編~

今回は騎士ガンダムシリーズの3作品目聖機兵物語の紹介。この作品はアニメ化はしているが、大人の事情により相当設定が変わっている。色々と省かれたキャラが・・・。この作品から機兵と呼ばれる乗る機械が現れる。カードダスの力のインフレが酷くなってくる。

復活の聖機兵
C360_2012-10-17-00-16-44.jpg
円卓の騎士編から数年後。ブリティス王国(円卓の騎士の国)にダバート王国から救援要請が来た。それにより円卓の騎士より灼熱騎士F91が出向いた。ダバート王国の騎士ガンダムGP01達と共に追われている少女セシリーを助けに向かう。そこには聖機兵が眠っていた。F91は復活した聖機兵ガンレックスに乗り、ネオ・ジオン族を撃退する。
イラストは中央が聖機兵ガンレックス。後ろに写っているのが邪騎士バウ(左)、灼熱騎士F91(右)。F91はデザインが何故か変わっている。
・主な味方
灼熱騎士ガンダムF91(聖機兵ガンレックス)、騎士ガンダムGP01、騎士ガンダムGP02、銀騎士ビギナ・ギナ
・主な敵
邪騎士バウ(邪機兵ダークタイラント)、公子ドレル(機兵ド・ズーガ)

聖機兵VS傭兵軍団
C360_2012-10-17-00-17-04.jpg
聖機兵で邪機兵を撃退したが、F91は負傷してしまう。騎士ガンダムGP01が聖機兵の操手となり、ネオ・ジオン族に反攻作戦に出る。
イラストは3つの銀板によって進化したガンレックスとカロッゾによって蘇ったジークジオン編に出て来た幽騎士ゼノン・マンサの乗る魔機兵ザマレド・マンサー。ガンレックスの持つ盾により魔力を消し、ガンレックスが勝利する。
・主な味方
騎士ガンダムGP01(聖機兵ガンレックス)、吟遊騎士レッドウォーリアR(黄金機兵アルジャーノン)、傭兵騎士マルスガンダム
幽騎士ゼノン・マンサ(魔機兵ザマレド・マンサー)、シノビマスターダークキュベレイ(忍邪機兵ラグルベ・レイ)、軍師クワトロ


もう一つの聖機兵
C360_2012-10-17-00-17-36.jpg
先の戦いで魔騎兵を倒したが、戦いそのものは敗北した。王国は焼かれ、レッドウォーリアRの故郷アルマータ地方へ向かった。途中ラクロア王国のアムロたちと出会い共に戦う。そんな中アムロとGP01はスペリオルドラゴンの導きによりもう一つの聖機兵を捜索する。ネオ・ジオン族ももう一つの聖機兵を捜索していた。目覚めた聖機兵ルーンレックスはネオ・ジオン族を倒し、ガンレックスにも襲いかかる。ガンレックスは勝利するが、GP01と共に消える。
イラストは更に進化したガンレックス。後ろにうっすら見えるのは再び現れた邪騎士バウの乗る邪機兵ネオダークタイラント。だがもう一つの聖機兵ルーンレックスに破壊される。何故かルーンレックスが載っていない・・・。
・主な味方
バーサル騎士ガンダムGP01、幻影騎士ガンダムRXF91、騎士ガンダムGP03、吟遊騎士レッドウォーリアR(機兵アルジャーノンEG)、騎士団長アムロ、F90Jr、操獣士インディガンダム
・主な敵
邪騎士バウ(邪機兵ネオダークタイラント)、傭兵騎士マルスガンダム、聖機兵ルーンレックス、総帥ジークカロッゾ

真聖機兵誕生
C360_2012-10-17-00-17-56.jpg
ガンレックス消失し、ネオ・ジオン族に敗退し続けるダバート王国。最後に敵本拠地パンゲア界へ攻撃をしかける。だが、そこには悪の意思に染まった騎士ガンダムGP02もといアトミックガンダムが合成機兵に乗って現れた。スペリオルドラゴンとGP01が融合したバーサルロードスペリオルガンダムと真聖機兵ガンレックスによって倒すが、総帥ジークカロッゾは鉄仮面バグカロッゾとなり、ルーンレックスの残骸を取り込んだ。邪神機兵ルーンカロッゾとなりガンレックスを圧倒する(2倍-1の強さ)。最後はセシリーの祈りにより、スペリオルドラゴンを通しガンレックスの力を倍にして撃退する。
イラストは真聖機兵ガンレックスと邪神機兵ルーンカロッゾ。なんか一番話の目玉となるシーンがやっとイラストになったなと思った。
・主な味方
バーサルロードスペリオルガンダム(真聖機兵ガンレックス)、騎士ガンダムステイメン(伝説の馬車オーキス)、吟遊騎士レッドウォーリアR(黄金機兵スーパーアルジャーノン)、レズリー(白銀機兵ベガスジャーノン)、騎士団長アムロ、インディガンダム、円卓の騎士達、傭兵騎士マルスガンダム
・主な敵
重騎士アトミックガンダム(合成機兵ザマレド・キメラ)、総帥ジークカロッゾ→鉄仮面バグカロッゾ(邪神機兵ルーンカロッゾ)

操手・灼熱卿F91
C360_2012-10-17-00-18-49.jpg
いわゆるifストーリー。F91が負傷せずに乗り続けていたら最終的にこうなっていたらしい。ガンレックスも赤いラインが入っていたり、炎の技を使ったりする。


真駆参大将軍
C360_2012-10-17-00-18-12.jpg
最早聖機兵物語は一切関係ない。真悪参の子孫真駆参が大将軍になった姿。スペリオルドラゴンと融合した先祖がいるだけあって大将軍になるとどことなくスペリオルドラゴンっぽい。


こっから裏面
C360_2012-10-18-00-29-04.jpg
左が一枚目の裏。左が騎士ガンダムGP01、右が騎士ガンダムGP02。どちらも復活の聖機兵のときの姿。真ん中が目覚めていないガンレックス。こいつに鳴動の盾、剣、鎧を額の部分に納めると蘇る。
右が二枚目。ダバート王国の神秘の鎧を装備したGP01。後ろに見えるのが変な盾を拾って狂い始めたGP02。アニメだと聖機兵の操手になれず、後輩のGP01の活躍しに嫉妬した際目の前に盾が現れた。

C360_2012-10-18-00-29-34.jpg
左が三枚目。左からインディガンダム、レッドウォーリアR,マルスガンダム、GP03、バーサル騎士GP01、GP02。上に見えるのがスペリオルドラゴン。
右が四枚目。真ん中にいるのがバーサルロードスペリオルガンダム。


C360_2012-10-17-00-20-30.jpg
左が五枚目。こいつらも本編に出て来ない敵。右の赤い機兵は円卓の騎士編のラスボスギガサラマンダーがデザインになっている。
右が六枚目。大将軍じゃない真駆参。


聖機兵編は以上。最初に書いたがこの作品はアニメ化もしている。だが円卓の騎士たちはデザインが派手で当時の技術ではアニメで動かすことが出来なかったとか。それ故にF91も出てこないという暴挙に出た。もちろん最終章の援軍である円卓の騎士も全員出てこない。最初からガンレックスのパイロットはGP01が勤めていた。
そしてそれによって大きな影響を受けたのがマルスガンダム。こいつは円卓の騎士である重鎧騎士ガンダムF90の息子もといF90Jrの兄でもある。が、そんな設定はアニメだとない。挙句こいつは章が進むごとに姿が変わっており、最後は白を中心としたガンダムらしいガンダムになるはずなのだが、アニメでは最初から最後まで裏面三枚目の姿のまま。金だけのために戦った傭兵が改心するという設定も消え、国に仕える騎士であるGP02が気に入らずGP02と一緒に崖に落ちるという変な最後を迎えた。流れとしてはダバート王国→ネオ・ジオン族→ダバート王国といったように金で所属を変えていたが、アニメでは最初から最後までネオ・ジオン族に味方をしていた。
次回は機甲神伝説編。この話でアトミックガンダムは死んでいなかった・・・。そして消えた軍師クワトロは。

ワールドコレクタブル新シリーズ始動

今月は仮面ライダーワールドコレクタブルが出ない・・・。というより来年の1月までお休み。
だが休まる暇がなかった。今月から新しい作品が誕生した。

C360_2012-10-14-01-40-01.jpg
C360_2012-10-14-01-40-57.jpg
ガンダムワールドコレクタブル。仮面ライダーが出たときは次はウルトラマンかと思ったらタイバニ。そして今度はガンダムでシリーズが開始した。ガンダム好きとしては集めるしかない。vol.1は
GS001 キラ・ヤマト
GS002 ストライクガンダム
GS003 アスラン・ザラ
GS004 イージスガンダム
GS005 ニコル・アマルフィ
GS006 ブリッツガンダム
GS007 ラクス・クライン
GS008 カガリ・ユラ・アスハ
というように機動戦士ガンダムSEEDより参戦。やはり中では名の通った作品なのかな?
モビルスーツは肩、手首が動くようになっている。ということでブリッツだけなんとなくポーズを決めてみた。あとは武器や盾を装備している。ストライクはわかりにくいがアーマーシュナイダー(ナイフ)を2本手に持っている。
そして個人的に順位をつけると
ブリッツ>イージス>ラクス>ストライク>ニコル>キラ>カガリ>アスラン
まずモビルスーツはやはりカッコイイな。特にブリッツはSEED最初の5体モビルスーツで一番好きなため一番いいと思ってしまう。というよりこれは単なる好み。
ラクスは原作にもっとも近くうまく作られていると思う。あとはハロを持っているのがいい。
ストライクは素のままだからどうしても物足りなくてこの位置。せめてどれかついていたらラクスよりいい評価が出来たと思う。
ニコルもいい作りなのだが、物足りないためこの位置。
キラはトリィを持っていたりといいのだが、目が少し輝きすぎ。そこに違和感を強く持ってしまった。
そしてカガリとアスランはイマイチ。カガリは原作に近いと思うだが・・・これ以上はやめておこう。アスランはデコの広さが強調されすぎ+目が輝きすぎで一番よくないと思った。

C360_2012-10-14-01-42-00.jpg
そしてキラとアスランは右手首から落とすことができる。が、

C360_2012-10-14-01-42-32.jpg
このように手首を交換してトリィを浮気させることができる。

今回はここまで。ガンダムワールドコレクタブルは集め続ける。11,12月と連続で出続ける。どの作品が出るかはここでは伏せておきます。調べれば簡単にわかるけど・・・。
とりあえずこのシリーズを取る店は決定した。とりあえず秋葉はどの店も鬼畜設定だった。店名は出さないが、景品が縦になり、明らかに動かせなくなったため移動を頼んだら
「景品に付いているリングがアームに届く位置にある場合は移動しません。アームを本体に当てるなりすれば動くと思いますのでそれで頑張ってください」
と返事が来た。んなのとっくに試した。爪も真っ直ぐなためリングに引っ掛ても景品が縦になっているため動かすことすら出来ない。もうあそこでは本当に簡単設定のしか狙わない。敢えて店名は出さないがな!!!!!!
ちなみに取ると決めた店は言えばすぐ手直しをしてくれる上、言わなくてもサポートしてくれる店員も居た。爪もしっかりと曲がっているため同じような方式のゲームだが難易度が雲泥の差。
来週はワンピースワールドコレクタブルが出るが、欲しいキャラしか取らない。ワンピースもガンダムと同じ店で取ることにしている。


おまけ
ラクスを見て思いついた
C360_2012-10-14-01-44-59.jpg
ラクス「アスラン。これ要らないので返します」
アスラン「ちょ、おまっ!」

今月のワンピース頂上決戦+α

今回は最近出たプライズ品。

C360_2012-10-10-23-56-47.jpg
C360_2012-10-10-23-57-21.jpg
今月の造形王頂上決戦よりドルトンとXドレーク。思ったよりいい感じに仕上がっていると思う。これまで造形王頂上決戦シリーズは3回出ているが、最初のサンジとナミ以外はいいと思っている。来月以降のも期待していきたい。

C360_2012-10-10-23-57-57.jpg
そして+α部分の化物語ちびきゅん。阿良々木姉妹と変態の3種類。
以前にも阿良々木姉妹は出ているが月火はこっちのほうがダントツにいいと思う。最初のは何か目というか顔というか・・・イマイチだった。
火憐は前回のもよく今回のもいい。こっちのほうが動きというか表情がイキイキとしている。化物語ちびきゅんはだんだんよくなっているな。
最後に変態だが、今回初というかやっと出番が来たといったキャラ。メメより後回しにされたからな・・・。だがあとに出たのが幸を喫したのか表情もいい感じだと思う。

今回は短めにここまで。来月もこの2つの続編が出ます。キャラはどちらも無難なキャラです。

昔取ったプライズ品 ~にゃんぱいあぬいぐるみ編~

またまたやってきた昔取ったシリーズ。今回はタイトルの通りにゃんぱいあ系。前回茶々丸が出て取り上げてないのを思い出した。今回もサイズにばらつきがあるため、比較対象に本を置いた。

C360_2012-10-08-23-48-45.jpg
まずはTシャツを着たにゃんぱいあ。この2種類で出て来ていた。ぬいぐるみは無難にできているが、Tシャツがえらく力が入っている気がする。
Tシャツ着ているということは普段は全裸。そして今は下半身だけをろ・・・ゲフンゲフン!


C360_2012-10-08-23-50-58.jpg
次はくったりしたにゃんぱいあぬいぐるみ。横から見るとこんな感じ。本気でやる気がないなこの格好は・・・。

C360_2012-10-08-23-51-29.jpg
種類はノーマルにゃんぱいあ、目を輝かせたにゃんぱいあ、茶々丸の3種類。真正面からみると生首ぬいぐるみに見えてしまうが気にしないでおいた。


C360_2012-10-08-23-52-30.jpg
最後は特大サイズのにゃんぱいあ。前回出て来た茶々丸と同じサイズ。この時はにゃんぱいあの表情違いのみだった。個人的には左の口を開いている奴の方が好きだ。


今回は簡潔にここまで。にゃんぱいあは好きで昔はもっと多く持っていた。が、あまりに場所を取るためやむを得ずいくつか処分した。結果気に入っているTシャツタイプとシンプルなのだけ残した。
ちなみにこの作品はアニメ化もしていたけど知っている人少なそうだ。無駄に声優が豪華だったなぁ~。
それにいてもにゃんてんし様と政むにゃがいつまでたっても大きいタイプのぬいぐるみが出て来ない。出来れば揃えたいと思っているのに。

色々なぬいぐるみプライズ品

最近ヒーロー系プライズ品が多かったため、今回は最近取った色々なぬいぐるみ系プライズ品を取り上げます。
今回のはサイズがバラバラなため、隣にきららコミックスを置いておいた。参考になるといいなぁ~。

C360_2012-10-07-01-17-59.jpg
最初は恐らく世界一有名な熊プーさんだ!まぁ普通のプーさんぬいぐるみだな。触り心地は毛が立っているためふかふかしているというタイプではない。何か表現しにくい。服が本体とくっついているのではなく、布で別素材でちゃんと作られている。
ゲーセンプライズ品でここまでシンプルなディズニー系は珍しいと思う。大体はデフォルメされていたり、変なコスプレをしているため。こいつは簡単に取れそうだったためやったら200円で取れた。

C360_2012-10-07-01-18-27.jpg
次は寝ているプーさん。正面からの写真と悩んだけどこっちのほうが寝ているという雰囲気が出ているためこれにした。こっちはタオル生地っぽい素材のため触り心地は気持ちいい。こっちの服は本体の一部として作られている。こいつも簡単そうだったのでやったら100円で取れた。

C360_2012-10-07-01-17-40.jpg
にゃんぱいあより茶々丸のぬいぐるみ。今回サイズ比較として本を置いたのは大体こいつが原因。見ての通り相当大きい。これと同じくらいの大きさのにゃんぱいあも2種類持っている。このシリーズは好きなのだが、種類が多すぎるためシンプルなの以外は処分した・・・。それでもまだ10個くらい残っています。こいつはまぁかかった値段は普通に700円くらい。

C360_2012-10-07-01-19-06.jpg
みんな大好きにゃんこ先生。抱きしめぬいぐるみと歌っているだけあって本当に抱き心地がいい。白い方だけ左手の造りが違う。数は黒の方が圧倒的に少なかった。俺が取った店では黒は白の1/4くらしか置いていなかった。こいつらもかかった値段は普通。1個700円くらい。

C360_2012-10-07-01-19-47.jpg
最後は妖狐×僕SSのぬいぐるみ。原作やアニメを見ていないため何のキャラかわからない。が、可愛かったため取ってしまった。見た目が可愛いと言う以外言い様がないな。写真だと見にくいけど頭の上に木の葉が乗っている。ちなみに最初店員が持っているのを見たときは、ポンタカードのぽんたくんだと思った。口が開いている方が人気が高いようで、みんなそっちから取っていた。俺は結局両方取ったけど。
かかった値段は2つで1500円だったかな。台としてはあまり難しくなく簡単でもないというレベル。アベックや女性がやっているのが多く見られた。大体1個取るのに4000円くらい使ったという声が聞こえた。他にもやっている人を見ていたが、軽く5000円は使ってるんじゃね?と言いたくなるくらいやっていた。俺の場合1.2回でアームの開き具合、奥行はどのくらいの感覚で止めればいいか理解したためミスは極端に少なかったと思う。

今回はここまで。やはりぬいぐるみ系は置き場に困るなぁ~。一部また売るなりして処分しないと。とりあえず候補としてはぐる~み~さんが上がっている。売る前に一度はこっちでネタにしたいなとも思っている。

SDガンダム外伝 ~円卓の騎士編~ 後編

今回は前回の続きです。


キングガンダム
C360_2012-10-02-23-44-47.jpg
イラストは左が「皇騎士ガンダム(フルアーマー)」「キングガンダム」となっている。右のキングガンダムは既に故人。名前のとおり王様。MS族で王族なのはこいつらだけ。他の国はユニオン族(人)が王になっている。
この章では「F90ジュニア(剣士、闘士、僧侶)」「灼騎士ガンダムF91」「僧正ガンタンクR]などが仲間に加わる。
物語はゼダンの要塞攻略後、アントニオ(猪木は関係ない)から王家に伝わるフルアーマーを受け取り、途中バーリントン市で新たな仲間を加えブリティス王国奪還へ向かう。というか最初からフルアーマー寄越せよ・・・。ブリティス城では元ガンタンクRの弟子「邪道士ダギ・イルス」、円卓の間にてグレートデギン直属黒の部隊「衛騎士ザビ・ギロス」などと戦う。が、既にグレートデギンは聖杯の鍵を持ち出し、永遠の命を得るため聖山ロンデニオンに向かってたとキングガンダムが伝えた。円卓の間にて皇騎士ガンダムはキングガンダムⅡ世となり、共に戦った11人も円卓の騎士となる。1つ空席のまま。


円卓の騎士
C360_2012-10-02-23-45-04.jpg
イラストはキングガンダムⅡ世を中心とした13人。面子は以下のようになる。
・皇騎士ガンダム→キングガンダムⅡ世 
・鎧騎士ガンダムF90→重甲騎士ガンダムF90 
・白金卿(読み:プラチナロード)
・勇剣士プラス→勇騎士プラス
・風騎士ガンダムマークⅡ→嵐騎士ガンダムマークⅡ 
・麗騎士レッドウォーリア→麗紅騎士レッドウォーリア 
・重戦士ヘビィガンダム→剛騎士ヘビィガンダム
・僧正ガンタンクR 
・灼騎士ガンダムF91→灼熱騎士ガンダムF91
・剣士F90ジュニア→騎士F90ジュニア
・闘士F90ジュニア→重戦士F90ジュニア
・僧侶F90ジュニア→法術師F90ジュニア
・闇騎士ガンダムマークⅡ
以上13名。最後の闇騎士ガンダムマークⅡのみ仲間になるのは最終決戦時。
物語はロンデニオン山へ向かった円卓の騎士。そこはザビロニア帝国の全戦力が集結していた。主な敵は「悪道士α・アジール」、それによって蘇った「ザクトパス」「ベルガ・ダラス」「ザビ・ギロス」。「銀騎士ビギナ・ギナ」も居たが、F91とは兄弟弟子であり、自ら道を開けた。
神殿に到着したが既に聖杯はグレートデギンが手にしていた。仲間に加わった闇騎士ガンダムマークⅡと共にグレートデギンが召喚した「邪獣エレメントラフレシア」と戦い勝利する。その後ラフレシアとグレートデギンが融合し「邪獣王ギガサラマンダー」となる。聖杯の力を借り、キングガンダムはこれを倒す。


選ばれし騎士王
C360_2012-10-02-23-45-23.jpg
この世界の神スペリオルドラゴンにシャッフル同盟ジャックインダイヤの称号を受ける。詳しくはこのあとの物語。というかこの神様は最後まで一切手を貸してくれなかった。次の話からバンバン出てくるくせに。


C360_2012-10-02-23-45-50.jpg
一枚目の裏:龍騎士ファルコガンダム&蛮騎士コナンガンダム。親友の2人。元々は敵。
二枚目の裏:僧正ガンタンクRと過去の円卓の騎士。詳しくは前回

C360_2012-10-02-23-46-13.jpg
三枚目裏:F90ジュニア達。実は兄が一人いる。が、家出した。次の話で活躍する。
四枚目裏:親子たち。闇騎士ガンダムマークⅡが最初敵だったのはキングガンダムがガンマガンダムを殺したとグレートデギンに騙されていたため。というか親が属していた国を侵略した奴の言うことを信じるってどんだけ・・・

C360_2012-10-02-23-46-40.jpg
五枚目裏:キングガンダムⅡ世。本編では見ない馬に乗っている。
六枚目裏:皇機兵キングヴァトラス。次回からはこういう乗り物が主流。ロンデニオンにこれで攻め込んだら・・・


長い円卓の騎士編はここまで。次回取り上げるときは聖機兵物語編になる。カードの絵的にもキャラが多かったため長くなったなと思う。次のは多分短くなるかな。

SDガンダム外伝 ~円卓の騎士編~ 前編

今回はナイトガンダムシリーズの円卓の騎士編の紹介。この作品はゲーム、漫画はあるがアニメ化はしなかった。これの次の「聖機兵物語編」はアニメ化しているのに・・・。理由は出て来るキャラが派手すぎたためアニメ化が当時は無理と聞いた。
この作品は主に1st、Z、ZZ、逆襲のシャア、F90、F91のキャラが出て来る。が、先の4つは前回主なMSを出しすぎたため、微妙なのが多い。あとは人間キャラは多くなった。

先代の円卓の騎士
C360_2012-10-03-00-05-14.jpg
本編前にブリティス王国で結成された初代円卓の騎士。結成されたのはジークジオン編より前の話。平和になったため、何人かは旅に出ている。そのため、ザビロニア帝国の侵攻で崩壊する。何人かは死んで何人かは生き残っている。
ザビロニア帝国侵攻の際死亡した
・キングガンダムⅠ世:本編では息子に試練を与えるため現れる。
・重戦士ガンキャノン:一番の最年少。頭の髪飾りは同円卓の騎士「白金卿」に託した。
・嵐騎士ガンマガンダム:キングガンダムを守って最後まで戦い死ぬ。息子2人が次代の円卓の騎士になる。
・銀騎士Zガンダム:孤高の騎士。策謀を得意としている。ザビロニア帝国のビギナギナにやられる。その際Zガンダムの戦いに感銘を受けたビギナギナは銀騎士の名を受け継ぎ、体も銀色になる。ちなみにその前は赤。
・闘士メガガンダム:ジークジオン編の闘士ダブルゼータガンダムの親戚。愛用の鉄球付き斧はガンマガンダムに受け継がれ、その後彼の息子闇騎士ガンダムマーク2に受け継がれる。
・薔薇騎士ロゼッタガンダム:本編に出て来る「麗騎士レッドウォーリアー」の親戚。レガジム王国の騎士団長をしていたが、ザビロニア帝国侵攻の際駆けつける。

生き残った方々
・白金卿:たまたま旅に出ていた。自害しようとしたが、ガンタンクRに止められる。
・僧正ガンタンクR:密かに脱出した。元々攻撃魔法は苦手だったが、これをきっかけに攻撃魔法も習得する。
・法術師メテオ:平和なブリティス王国を飛び出していた。後の「機甲神伝説編」にて魔法剣士として姿を現す。主に魔法の研究をしたりする。
・アーサーガンダム:高慢な性格矯正のため、ダビト城へ修行にいかされていた。
・仮面騎士ジェイバー:他の国にいた。後の「新SDガンダム外伝」にて現れる。
・蛮騎士ファルコガンダム:旅に出ていた。元々は敵。さらに元々は別世界の「コマンドガンダム」。フューラーザタリオンと遭遇し記憶が戻り、奴を追いかけ元の世界に帰った。
・龍騎士ファルコガンダム:グラナダ地方調査で行方不明になる。「新SDガンダム外伝編」にて別の形で現れる。息子がいる。ある意味死ぬより辛い目にあった人。

左下にいる鎧騎士ガンダムF90は円卓の騎士ではない。近衛騎士。ブリティス王国崩壊の際、キングガンダムの息子「皇騎士ガンダム」を連れて脱出した。


ヴァトラスの剣
C360_2012-10-02-23-44-10.jpg
左から「鎧騎士ガンダムF90」、「皇騎士ガンダム」、「白金卿」。タイトルのヴァトラスの剣は皇騎士ガンダムが持っている剣。この章では他に「勇騎士プラス」も出てきている。
皇騎士ガンダムがレジスタンスを立ち上げ、ザビロニア帝国に戦いを挑む。ラナール地方の真の黒幕「魔剣士ザクロード」を倒し、正体「モンスターザクトパス」を倒すところまで。


流星の騎士団
C360_2012-10-03-00-05-30.jpg
左から「麗騎士レッドウォーリアー」「皇騎士ガンダム(ジーアーマー装備)」「重戦士ヘビィガンダム」。真ん中の後ろに銀の円盤。他にも「風騎士ガンダムマークⅡ」もいる。
新しい仲間も増え、ブリティス王国奪還のため、城に続く「ゼダンの要塞」を攻めた。この際「邪騎士ゲルベグ」「モンスターオーガハンマー」を倒すが、「魔術師ゲルググキャノン」によって融合し、「獣騎士ベルガ・ダラス」になる。幻夢界で戦っていたが、相手が強くなるため銀の円盤で脱出。そして倒す。


何か地味に長くなったため今回はここまで。次回後編にします。

海パンロボット、マルコ、化物語のプライズ品

今回はワンピースを中心としたプライズ紹介です。

C360_2012-09-30-01-38-05.jpg
ワンピースグランドメンズシリーズより新世界編のフランキー。通称海パンロボット。
サイズが大きく重量感もある。やはり肩から腕にかけての迫力がいい。海パン履いているしロボットっぽさ全開なんだよねこいつ・・・。腹筋や首の再現率が半端ないと思う。

C360_2012-09-30-01-45-29.jpg

そして髪が生えたバージョンの頭も付属されており、付替えが可能。


C360_2012-09-30-01-45-44.jpg
んでついでに取ってきたグラメンシリーズのマルコ。あまり出てきてないキャラだからあまり語れない。極端に詳しいわけでもないしな・・・。


C360_2012-09-30-23-24-25.jpg
C360_2012-09-30-23-25-08.jpg
化物語 みにっ娘フィギュアシリーズ。今回は阿良々木姉妹、千石撫子、忍野忍の4名。相変わらずガハラさんはすぐには出てこないな。あと誰か忘れているような気が・・・気のせいか。
阿良々木姉妹は頭に目玉焼きが乗っているように見える・・・。というか月火ちゃん、包丁は危ないよ。そして忍は小さいフィギュアだと必ずと言っていいくらいドーナッツ持ってるな。撫子は・・・普通だ。
どれもかわいらしくデフォルメされているな。まだ出ていない娘も居ることだし今後も期待。


C360_2012-09-30-23-26-51.jpg
C360_2012-09-30-23-27-59.jpg
今回の最後は仮面ライダーシチュエーションフィギュアシリーズvol.3。仮面ライダーフォーゼファイヤーステイツ、仮面ライダーメテオストーム、仮面ライダーキバ、仮面ライダーオーズタマシーコンボの4種類。
正直仮面ライダー好きになってから1年も経っておらず、まだ昭和シリーズを見ている途中。故にどんなシーンかわからん。メテオストームの衝撃波みたいのはただ置いているだけ。
今回もフォーゼ系が多いなと思った。ファイアーとキバが特にいいなと思う。キバはデザイン的にも好きなライダーなので。
何故かこいつらは行く範囲のゲーセンの中で1件しか扱いがなかった。難易度が高かったら嫌だなと思ったらそうでもなかった。

今回は以上!とりあえじ最近取った奴を一気に紹介してみた。次回はプライズ品かSDガンダムで。
プロフィール

ぺち

Author:ぺち
漫画、ゲームが好きで主にそのあたりのネタを中心にやっていきます。
漫画は主に4コマ系の紹介が多くなりそう。
クレーンゲームが好きなため、プライズ品紹介もしていきたい

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
応援サイト
【ぜったい最胸☆おっぱい戦争!! ~巨乳王国vs貧乳王国~】2012年10月26日発売予定!! 【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中! 『大図書館の羊飼い』は2013年1月25日発売予定です。 『レミニセンス』応援中です!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。